Home » 週刊日本新聞 » 案 内 » 太田先生を偲ぶ会の御案内

太田先生を偲ぶ会のご案内 | 《案 内》 | 故太田龍先生を偲ぶ忘年会の集い

太田先生を偲ぶ会のご案内

公開日時:2011年04月21日 04時12分
更新日時:2011年04月28日 09時45分

このたびの東関東大震災におきまして、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、また 福島第一原発事故により甚大な被害に遭われました皆さま方には心よりお見舞いを申し上げます。



昨年は太田龍先生の一周忌を無事に終える事が出来ましてご参列頂いた方にはあらためて御礼申し上げます。 先生がお亡くなりになって早くも二年を迎えることとなりました。

圧倒的に真実を追究する姿勢を貫いた先生主幹の「週刊日本新聞」、そして数々の著書や海外の著述家の発掘、フリッツ・スプリングマイヤー、デーヴィッド・アイク、M・コリンズパイパー、シスコ・ウイラー、ユースタス・マリンズなどの日本での講演会の招聘等多大なる功績を我々日本人に残して下さいました。そして残されたものを覚えるため今年は太田先生を偲ぶ会と称して太田夫人をかこんで開催したく思います。

皆様こぞっておこし下さる様お待ち申し上げます。

日 時 平成二十三年五月二十一日(土曜日)

午後六時半開始(開場午後六時)

場 所 太田先生ゆかりの珈琲専門店『ペガサス』

東京都文京区白山五ノ一ノ三(電話〇三―三八一一―七七六八)

都営三田線、白山駅下車、徒歩二分

出口A1を出て右へ、旧白山通りを下って(白山下方面へ徒歩一分程度)すぐに、右へ入る道あり(大きな広い交差点より前のやや細い道)。右を見ると道路の左側数件目の果物屋隣に珈琲専門店ペガサスの看板が見える。

参加費 二〇〇〇円

コーヒー・紅茶等の飲物と一寸した口に入れる物は出して頂きますが、飲食の持込みは自由です。

二次会有り 近くの居酒屋にて

参加希望の方は、e-mail、電話、ファクス、郵便にてご連絡下さい。

連絡先 〒112―0001 東京都文京区白山五ノ三十五ノ一十二

「週刊日本新聞」栗原千鶴子

電 話 〇三―三八一三―七八二五

   

FAX 〇三―三八一三―七八四六

 

Home » 週刊日本新聞 » 案 内 » 太田先生を偲ぶ会の御案内